サザンカ 和風の庭木として人気のある、冬の花。3つの園芸品種群がある。

和風の庭木として人気「サザンカ」

サザンカ(山茶花)は日本原産の固有種で、ツバキ科の常緑低木です。「サザンカ」という名前はツバキの漢名である「サンサカ(山茶花)」が転訛したものといわれています。

サザンカは耐寒性が強く、日向から半日陰まで植え付け可能なので、和風の庭木として人気の樹種です。

サザンカの葉はツバキに比べて小さく、長さ4から8cmの楕円形で、葉の縁にはギザギザがあります。

一般家庭の生垣では、ツバキより葉の小さめなサザンカの方が向いています。サザンカの葉には厚みがあり、表面は濃い緑色で光沢があります。

冬の花「サザンカ」

サザンカの開花の時期は10月から12月の寒い時期で、冬の花として親しまれてきました。サザンカは「紅花」のイメージが強いですが、白または薄いピンクの花が原種となっています。

サザンカは花の特徴がツバキによく似ていて、間違えられることの多い庭木です。サザンカはツバキとの交雑で品種は数限りなく、区別が難しいものも少なくありません。

サザンカの花は、雄しべがツバキの花のように筒状にはならず、花も平たいのが特徴です。サザンカの花は一重咲きが多くツバキに比べると控えめな感じですが、種類は多く豪華な八重咲きもあります。

またツバキの花は香りがありませんが、サザンカの花は微かに香ります。ツバキは花が落ちる時には丸ごとぽろっと落ちますが、サザンカは花びらが一枚ずつばらばらに落ちていきます。

3つの園芸品種群「サザンカ」

サザンカは園芸品種も多く、サザンカから作り出された園芸品種群のほか、サザンカの園芸品種とされている「カンツバキ」を中心に作り出された品種群、ツバキとサザンカの交雑種の「ハルサザンカ」から作り出された品種群も合わせて、3つの園芸品種群として扱われています。

カンツバキ ツバキとサザンカ両種の特徴。花は微かに香る。

サザンカとカンツバキは、開花時期があまり変わらないため見分けることが難しいです。

一般的には、サザンカの花は「花びらが少ない(5~10枚)」、「しわができるものが多い」という特徴があります。

サザンカの花に対して、カンツバキの花は「花びらが多い(14枚以上)」、「しわしわにならない」という特徴があります。